ダイヤの位置を変える

母や祖母から譲ってもらった婚約指輪は、デザインが古かったり、宝石が大きすぎて使いづらかったりすることもあります。リフォームによって、自分の好みのデザインに作り替えましょう。リフォームには、石を溶かしてまったく違うデザインに変える方法や、宝石をそのまま使用してリング部分だけを取り替える方法などがありますが、宝石の位置を変えるだけでも、印象を大きく変えることができます。

たとえば、母の婚約指輪が、メインとなる大きなダイヤモンドの周りに小さなダイヤをちりばめているような、石の数が多いケースで有効です。小さなダイヤモンドの配列を変えて、中央に集まっていたものをアーム部分に埋め込む形で並び変えると、豪華で目をひくデザインから、上品で落ち着いた印象になります。

大きさがバラバラのダイヤモンドが付いている場合は、石の大きさをそのまま生かして、曲線の美しいエタニティリングにするという方法もあります。エタニティリングとはリングの径全体に宝石をちりばめたデザインの指輪です。ぐるりと途切れずに宝石が並んでいる様子から、名前の通り「永遠」という意味を持つため、婚約指輪としても最適でしょう。全周に宝石が並ぶものを、特にフルエタニティを呼ぶこともあります。