婚約指輪のリフォーム

婚約指輪のリフォームとは、母や祖母からもらった指輪のデザインを一新し、娘の婚約指輪としてよみがえらせるサービスを言います。基本的には、宝石はそのままに、リング部分のデザインを今風のものに変えるケースがよく見られます。また、サイズが合わないことも多いため、花嫁に合わせてリサイズも同時に行われます。

リフォームの方法には、主に2つの種類があります。一つ目が、素材を取り替えるというものです。ゴールドのアームを取り外してプラチナ製のものに変更するなどが考えられます。デザインも一新できるうえ、パーツそのものの形は変わらず、既製品を使用するため、料金も手ごろです。期間も比較的短くて済むでしょう。

もう一つが、もらった指輪を一度溶かし、素材をそのままに新しく作り替えるという方法です。その際にほかの素材を加えることもでき、自由度が高いです。親世代から変わらない素材のため、記念の品としても最適でしょう。ただし、リフォームにかかる期間は素材を取り替える方法に比べて長引いてしまうほか、作業工程が難しいため料金もかさみがちです。また、ブランドや指輪についている宝石によっては、リフォームを受け付けてもらえない可能性もあります。店によって条件は少しずつ異なるため、一度確認してみましょう。